2月4日は「風しん」の日・働き盛りの男性へのお知らせ!

風しんの日プロジェクト

働き盛りの男性が風しんの検査とワクチンを受ける必要がある理由

2月4日が「風しんの日」に制定されて、日本中から風しんによる被害を減らそうというキャンペーンが熱心に行われています。

最近、風しん(風疹)が妊婦さんに発症して、生まれてくる赤ちゃんにいろいろな影響を与えることが問題になっているからです(先天性風疹症候群といいます)。
妊婦さんがいくら気をつけていても、夫や父親、会社の上司や同僚男性が風しんになってしまうと、ふうしんがうつってしまうからです。
このような問題が全国各地で発生しているために、国は、2022年3月31日までの間に限り、
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた「男性」(まさに働き世代の男性)を風しんにかかわる定期の予防接種の公費助成対象者に追加しました。

この期間に生まれた人は、学童期にしっかりした抵抗力が獲得できる予防接種を受けていなかったのです。
公費助成を受けて、該当する男性が希望された場合、まず風しんに罹りやすいかどうか(抵抗力が備わっているかどうか)を採血で調べて、抵抗力が低いと判定された場合ワクチンを受けることができます(検査もワクチンも無料です)。

インフルエンザは毎年誰にも抵抗力がないから、希望者には全員ワクチン接種しますが、
風しんは、まず抵抗力があるかないかを採血で調べて、抵抗力がない人にだけワクチン接種します。

つまり、風しんチェックは、男のエチケット(義務)です。

これで分かってくださったかと思います。
「風しんなんて、風邪みたいなもの!」と言っている場合ではありません。
あなたは風しんにかかっても平気かもしれませんが、周りの妊婦さんは戦々恐々なのです。

これは、妊婦さんとお腹の中にいる子供への気遣いなのです。
奥様、娘さんやお嫁さん、そして、彼女たちから生まれてくるお子様に対する男性の社会的エチケット、義務なのです。
検査も受けずにいる男性は、妊婦さんにとって、最高に迷惑な存在なのです。
どうか、男性として、世のため他人のため、必ず風しんチェックを受けましょう!

野村医院は、風しんチェックが仕事前や夕方7時に可能です。

野村医院は、これらの検査やワクチン接種を実施する『風しん第5期定期接種受託医療機関』です。

抗体価(風しんに対する抵抗力があるかないかを調べる血液検査)の測定を始めましたところ、
この1年間では、約6割の方々に抵抗力がない(抗体価が低い)ことが判明し、順次、予防接種を受けていただいております。
いままでにワクチン接種をして、気分不快や発熱などの副作用を起こした人は、当院にはいらっしゃいません(2020年1月末現在)。

働き盛りの男性が対象ですから、ご予約いただければ、
◆出勤前の午前8時半でも、
◆仕事帰りの午後7時でも、
受付し検査は10分で完了します。
火曜・水曜・金曜・土曜日に対応させていただきます。

その結果判定、つまりワクチン接種するかどうかを決めるまで、1週間ほど要します。
結果を電話で問い合わせてくだされが、予防接種の日時もその時、決めることが可能です。
予防接種は、なるべく午前中の接種をお勧めします。

どうぞ、遠慮なく、電話でお問い合わせの上、ご利用ください。
電話 0743-85-0439

 

関連記事

  1. 2019年秋のウォーキング集合写真

    令和2回目の健康イベント! 11月のウォーキング会報告

  2. 総合内科専門医認定を更新

  3. 壁画のある診療所

    壁画『百年の山河』がある診療所

  4. 野村医院の新しい診療システムが順調に開始

    予約制と夕刻診療を導入、そのスタートでした。

  5. a-journal-for-patient-with-end-stage-renal-disease-treated-with-hemodyalysis

    透析患者さんの雑誌「腎不全を生きる」と日本腎臓財団の活動

  6. 初めて天理市・休日診療の当番を務めました。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 温故知新

    2020.08.4

  2. 空の薬シート
  1. 登録されている記事はございません。

iOS専用・腎臓病サポートアプリ

 

腎臓病サポートアプリのダウンロード