往診車両「与作号」デビュー

念願の往診車両を導入しました

6月に入って、爽やかな日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
野村医院は、地域医療邁進を旗印にしておりますが
その大事な、頼りになる仲間がデビューしました。

往診車です!
ダイハツ「アトレー」4WD・ターボエンジンですから
村内や周辺市町村の、狭い山道を通って、自宅の庭まで辿り着けます。
冬の雪道も、応需可能になりそうです。

【リアシートリフト】を装備の福祉車両です

歩行や移動が苦手な人が、この車を利用されることも想定して、
【リアシートリフト】を備えております。

たとえば、
①野村医院を受診した車椅子の患者さんのご家族に急用ができたので、私どもでご自宅にお送りする場合
②往診先の患者さんに、移動をお願いする場合
などですね。

荷重100Kgまで対応しています。
院長(約75Kg)もリフトを体験しましたが、とてもスムースでしたよ。

ご遠慮なく、往診をお申し付けくださいませ。

名前は「与作号」!?

ナンバープレートは、軽車両ですが、黄色ではありません。
「ドクターイエローじゃないのか?」と突っ込まれそうですが、2020オリンピックとパラリンピックに寄付すると、このようなカラフルなプレートにすることができます。

ナンバーは「・439」です。
当院の電話番号「0743-85-0439」ですから、・439を選びました。
プレート番号は最初に「0」を着けられないのが、残念ですね・・・・

 

その結果、ナンバーは「・439」
「よ・さ・く」=「与作」号と呼んでください。
与作は木を切る、トントントン~♪
与作号は走る、サッサッサ~~♬
野村医院の与作号は、これから、往診に頑張りますので、皆様のお見知りおきをよろしくお願いします。

往診範囲は半径16Kmと定められています(下の図の、紫色の円がだいたいの目安です)。
つまり、伊賀市・名張市、それに、奈良市や天理市の東部、南山城村南部まで、要請がありましたら応需いたします。

野村医院の周辺マップ

 

関連記事

  1. 【雑感】 使い古しの薬袋

  2. 野村医院の新しい診療システムが順調に開始

    予約制と夕刻診療を導入、そのスタートでした。

  3. 初めて天理市・休日診療の当番を務めました。

  4. 野村医院附属コミュニティ・ハウス「LINGER LONGER…

  5. ある孤独死とコミュニティハウス活動

  6. a-journal-for-patient-with-end-stage-renal-disease-treated-with-hemodyalysis

    透析患者さんの雑誌「腎不全を生きる」と日本腎臓財団の活動

最近の記事 おすすめ記事
  1. a-journal-for-patient-with-end-stage-renal-disease-treated-with-hemodyalysis
  1. 登録されている記事はございません。

iOS専用・腎臓病サポートアプリ

 

腎臓病サポートアプリのダウンロード