髭(ひげ)雑感

おひげ

ある認知症患者さんの言葉

昨夏から、ひげを生やし始めた。
還暦を過ぎたら、私の髭は真っ白になった。頭髪はさほどでもないが、口ひげと顎ひげは、ずいぶん白い。
その白さを楽しんでいる。

30歳代にも生やしたことがあるが、すぐに止めてしまった。
ひげを蓄えて患者さんと接することができるほどの人格が備わってないと、自虐的になってしまったから。
今は、どうか?

それはともかくとして、ある日、ひげを通して、思わぬ出来事があった。
ひどい認知症の女性が、ひげの私を見て、「野村先生!」って初めて私を名前で呼んでくれたのだ。
それまで、半年も訪問診療を繰り返していたが、私の名前はおろか、私の存在さえ記憶にないはずなのに。

理由は明らかだった。
彼女にしてみれば、「ひげを生やした医者」とは、彼女がまだ若い頃に接した私の父だったからだ。
認知症のひとは、新しいことはすぐに忘れるが、昔のことは覚えている。

私は、齢を重ねるごとに、「父に似てきた」とよく言われるようになった。
最近は、風貌だけでなく、仕草や思考回路まで似てきたように思う。
そのうえ、ひげを生やし始めたら、皆さんから「ますます、そっくりだ」と感想をもらうようになった。

野村医院を継承して、父母の偉大さに畏敬の念を禁じ得ない日はない。
彼らが、毎日毎日医療をちゃんとしていたことを、患者さんが、ことあるごとに、今日の私に教えてくださる。
認知症の彼女が「野村先生!」って呼んでくれたことも、まさにその表れだと思う。

私にとって、それは何物にも代えられない貴重なもの。
彼らが続けていた医療の本質を忘れず継承し、自分の医療も展開する。それが使命だ。
この日は、ひげがそれを思い出させてくれたのだった。

赤ひげならぬ白ひげ四態

ひげの効能

ひげを生やすことで、初めて気づく効能がある。
さまざまなことがある。
また別の日に、それはお話ししましょう。

今日は、ともかく、「野村先生!」って言ってくれた彼女のことを紹介しておきます。
それ以来、彼女を訪問診療する日が、ますます楽しくなったことは言うまでもありません。

関連記事

  1. 往診車両「与作号」デビュー

  2. 祝・新時代「令和」! 野村医院もスタート1年を迎えました。

  3. 【雑感】 使い古しの薬袋

  4. 医療の功罪 ある痛風患者さんに接して。

  5. 野村医院の新しい診療システムが順調に開始

    予約制と夕刻診療を導入、そのスタートでした。

  6. はじめての往診 基本的には看護師が随行します

    初めての往診雑感

最近の記事 おすすめ記事
  1. やんばいのぉ山添村HP画像①
  2. おひげ
  3. アジサイロード(馬尻山縦断道)の夜明け
  4. 馬尻山あじさいロード夜明け
  5. 2019年秋のウォーキング集合写真
  1. 登録されている記事はございません。

iOS専用・腎臓病サポートアプリ

 

腎臓病サポートアプリのダウンロード