祝・新時代「令和」! 野村医院もスタート1年を迎えました。

新時代『令和』を祝う

5月1日、今日から新しい時代「令和」が始まりました。
日本の内外には、難しい問題が山積していますが、私たちが叡智を集め根気よく取り組めば、どんな困難も克服できると信じています。
気持ちも新たに、良い時代が迎えられるように、平和な世の中を共有できるように、懸命に生きたいと思います。

野村医院では、古いスリッパを新しく交換。
そして、新しい元号を入れた薬袋を新調しました。ささやかながらお祝いの気持ちです。

野村医院も私が継承して1周年です

野村医院も実は、今日・令和元年5月1日、私が理事長を継承して1周年を迎えました。
この1年間、地域のために、そして、腎臓患者さんのために、開業医として少しでも貢献できるように努めてきました。
予約制導入から始まり、夜間診療、往診、看取り、管理栄養士による食事指導、そして、コミュニティーハウス活動と進めてきました。

おかげさまで、野村医院をご利用くださる人たちが少しずつ増えて、自分が目指している医療が認知されてきたように感じております。
多くの人に助けられて、ようやくここまで来ました。野村医院のスタッフと仲間に厚く御礼申し上げます。
継承した野村医院は、明治30年に曽祖父が創業して既に120余年の地域医療を展開してきました。この1年は、その120分の1以下の短い一年でしかありませんが、今後もこの地域に求められることを常に念頭に、少しずつ活動を広げ充実させていきたいと思っていますので、どうか引き続きご指導と鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 百歳の肺炎球菌ワクチン・長寿村作戦

  2. 野村医院の新しい診療システムが順調に開始

    予約制と夕刻診療を導入、そのスタートでした。

  3. 【診療雑感】百歳を迎えたAさんのこと・長寿村作戦

  4. 医療の功罪 ある痛風患者さんに接して。

  5. 【雑感】 使い古しの薬袋

  6. 透析医療の功罪①「腎死」という言葉の意味

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。

iOS専用・腎臓病サポートアプリ

 

腎臓病サポートアプリのダウンロード