🍚残暑克服は栄養管理で!🌰  9月の栄養勉強会 12日と26日です

♦8月は本当に厳しい一か月でしたが、皆様体調はいかがですか?
毎日のように38℃を越えて、さすがに誰もが憔悴してしまいました。
心配しております。そのうえコロナ感染が確実に増加しているので、油断が出来ない日が続きます。

野村医院では、本来小さなクリニックでは受けることが困難な「栄養の勉強会」(いわゆる、栄養指導)を受けることができます。
指導対象は、①腎臓病、②高血圧、③糖尿病、④高尿酸血症・痛風、⑤肥満とメタボリック症候群、⑥高脂血症、⑦アレルギー、⑧誤嚥防止・窒息防止、⑨便秘対策、⑩痩せ防止、などです。

保険適応のない病気でも栄養相談を受けたいという御希望があります。
最近多いのは、骨粗鬆症や誤嚥対策、便秘対策ですね。
カルシウムをたくさん摂りたいけど、どんな食品が良いの?って素朴な疑問に栄養士さんが丁寧に対応してくださいます。

日頃気になっていることを、相談・勉強してみませんか?
20~30分かけて、マンツーマンで、皆様がどのように食事と向き合えばよいのか、いっしょに勉強する機会です。
ぜひ、奮ってご参加ください。

完全予約制ですので、ご希望の方は、診察中にお申し出くださるか、野村医院の診療時刻に、お電話ください(0743-85-0439)。
電話にて、予約させていただきます。
初めての人は、保険証をお持ちください。

8月9月栄養勉強会日程

**************

♥栄養勉強会について、大事な報告が一つあります。
生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)については、ついに一般クリニックにおいても保険診療が認められるようになりました。
下記に示す様々な疾病に、野村医院では食事指導をさせてもらっていますが、これら全部が保険診療で認められているわけではないことをご了承ください。
1割負担の人は、約260円のご負担となります。
保険請求できない疾病の食事勉強会は、30分間で500円のご負担をお願いしております。

♣どんな時も、体調管理は、食事から体力保持のために、適切なカロリーと三大栄養素をバランスよく摂取することが大事です。
また、コロナ対策としては、日頃から食養生して動脈硬化をいかに防いでいくかということに繋がります。
なぜなら、コロナは血管を障害するからです。
感染者には、脳梗塞や足の塞栓症などを起こしてしまう人があることは報道されているので、耳にされた方も多いでしょう。
喫煙者や糖尿病・高脂血症・高血圧・慢性腎臓病などを有する人が、つまり、動脈硬化がひどい人ほど、重症になりやすく死亡率も高いようです。

繰り返しになりますが、やはり食事からです!
体力保持のためにも、動脈硬化を進行させないためにも、日頃の食事にこだわり、自分の健康を保つようにしましょう。
野村医院では、コロナ対応の栄養勉強会を行っています。
9月は、12日と26日に予約を受け付け中です(第2&第4土曜日)。

 

 

最近の記事 おすすめ記事
  1. 温故知新

    2020.08.4

  2. 空の薬シート
  1. 登録されている記事はございません。

iOS専用・腎臓病サポートアプリ

 

腎臓病サポートアプリのダウンロード